FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真をとるのこと

僕は普段から写真を取る人ではない。旅行に行って写真を撮るとしても風景を撮るくらいなもので、一緒に行った人のこともほとんど撮らず、ましてや自分の写真を「撮って」というのは滅多に言わない。

ところが最近、卒業アルバム作成に当たり写真提出(任意)が求められ、仕方ないので写真をあさった。そして改めて見て思うのだ。

「写真があるから思い出せるけど、なかったらとても思い出せない」

そう考えるともっといろいろ撮っておけばよかったかなぁとも思うし、ところどころで写真をばっちり撮って配ってくれた涼さんとか樹林さんは偉大だなぁとも思う。まぁ今さら仕方のないことだけど。

ただ、映像製作に携わっていたことで動画が残っているのはラッキーだね。

コメントの投稿

非公開コメント

卒アル写真の件については、ご苦労様でしたー。
改めて、写真にはそんな良いところもあるな、と思いました。
あとほかの人と共有できるのもいいですね。
私は最近はあまり配れていませんが…
でも、写真を撮ろうと気に掛けずに、存分にその場の空気を楽しむのも
一つかもしれません。

>「写真があるから思い出せるけど、なかったらとても思い出せない」
写真が1番大事なんじゃなくて,思い出が1番大事で
思い出を思い出すための写真も大事ってことか
いいな,そ
なんか感慨深い

>写真を撮ろうと気に掛けずに、存分にその場の空気を楽しむのも一つかもしれません。
>思い出が1番大事で思い出を思い出すための写真も大事ってことか
やっぱりバランスですよね。その場は堪能すべきだけど、ちょっと力を割いたら後々までその時の雰囲気が残せるっていう。
プロフィール

霞田亜斗

Author:霞田亜斗
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。