スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CentOS

しょぼいPCを買ってしまい、ファイルサーバにもできないかなと思って素人ながら調べながらいろいろやってみている。
で、CentOSを入れたらいいというのをどこかで見たのでとりあえず入れたのだけど、それだけで一日仕事になってしまったので、もう一度やるときのために記事にして残しておく。

1. OSのありか
CentOS.orgへ。I386とかいうのがあって、32ビットならそれ。CentOS6.4は最後がDVD-1of2とDVD-2of2に分かれているが、基本1だけでよいみたい。

2. インストール用USBメモリのつくりかた
うちのはCD/DVDドライバついてないし、そもそも買ってくるのも面倒だったのでUSBメモリを使用。基本的にはインストールにはCD/DVDを使うらしく、USBメモリでインストールする場合はフリーソフトの「unetbootin」を使って作成。また焼いたあとでisoファイルもメモリのルートにコピーする。

3. インストールファイルの選び方
USBメモリをさしてPC立ち上げるとCentOSのインストール画面になってファイルのありかを聞いてくる。焼いたイメージは「DVD...」だが、フラッシュメモリを使ったのでハードディスクのほうを指定する。

メモとして残しておくのはこのくらい。間違いがあったらコメントください。

コメントの投稿

非公開コメント

ネットワーク設定

CUIでネットワーク設定するのも書いておく。
vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0で設定を書き換える。

ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static
に書き換え、

IPADDR=192.168.x.x
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.x.x
を追記。

直すときはvi使用なので、iで入力モード、escで終了、:wqで保存して終了

さらに、DNS設定を行う。

/etc/resolv.conf

vi /etc/resolv.conf
nameserver 192.168.x.x (ルータのアドレス)

その後以下
rpm --import http://ftp.riken.jp/Linux/caos/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-4

さらにGUI設定
yum groupinstall "X Window System" "GNOME Desktop Environment"
(その後"Desktop" "General Purpose Desktop"もgroupinstallした)

で、startxでGUI起動まで。

再起動はshutdown -r now
シャットダウンは shutdown -h now

http://blog.hello-world.jp.net/?p=89より

yumで色々インストールしようとしたら
PYCURL ERROR 6 - "Couldn't resolve host 'ftp.nara.wide.ad.jp'"

というエラーが出てしまいました。
/etc/resolv.conf

を下記に変更することでとりあえず解決
nameserver 8.8.8.8
nameserver 8.8.4.4
nameserver 127.0.0.1

vsftpdを入れてFFFTPからの接続がぜんぜんできなかったので迷走しまくった挙句ファイアウォールが動いてたとかもうね。
service iptables status で動作確認
service iptables stop で停止

日本語の環境を入れる
yum -y groupinstall "Japanese Support"

http://www.server-world.info/query?os=CentOS_6&p=japanese
プロフィール

霞田亜斗

Author:霞田亜斗
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。