スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CentOS

しょぼいPCを買ってしまい、ファイルサーバにもできないかなと思って素人ながら調べながらいろいろやってみている。
で、CentOSを入れたらいいというのをどこかで見たのでとりあえず入れたのだけど、それだけで一日仕事になってしまったので、もう一度やるときのために記事にして残しておく。

1. OSのありか
CentOS.orgへ。I386とかいうのがあって、32ビットならそれ。CentOS6.4は最後がDVD-1of2とDVD-2of2に分かれているが、基本1だけでよいみたい。

2. インストール用USBメモリのつくりかた
うちのはCD/DVDドライバついてないし、そもそも買ってくるのも面倒だったのでUSBメモリを使用。基本的にはインストールにはCD/DVDを使うらしく、USBメモリでインストールする場合はフリーソフトの「unetbootin」を使って作成。また焼いたあとでisoファイルもメモリのルートにコピーする。

3. インストールファイルの選び方
USBメモリをさしてPC立ち上げるとCentOSのインストール画面になってファイルのありかを聞いてくる。焼いたイメージは「DVD...」だが、フラッシュメモリを使ったのでハードディスクのほうを指定する。

メモとして残しておくのはこのくらい。間違いがあったらコメントください。
スポンサーサイト
プロフィール

霞田亜斗

Author:霞田亜斗
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。