スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xperia Z Ultra

スマホを変えた。Xperia Z Ultra (C6802)。

・もういい加減Xperia acroからはなれたい。でもZ1は高いし、iphoneも望まない。
・通信にはもっぱらモバイルルーターだからLTE機能は不要。
・2年くらいタブレット&スマホ体制だけど、できることなら統合に向かいたい。
・できれば中韓以外の端末がいい。

いろんなことを考えてここに落ち着いた。

もちろんキャリアからでている端末ではないので、いろいろと問題はあった。
不安だったり、戸惑ったりしたところを書いてみる。

1.おサイフケータイ
おサイフケータイはどうにもならないみたい。
でも冷静に考えると、僕の場合必須なのはSuicaくらい。だからケースを買って背面に仕込もうと思っている。電気屋のポイントカードも重要だけど、端末購入の値段が2年間で還元されるポイントを超えたらはっきり言って無意味だから、その辺はあきらめる。

2.SMS(メッセージ)
一部のSIMフリー端末だとうまく動かないっていう報告があって、最悪メールだけにしようかと悩んでいたけど、まったく問題なく動いた。もちろん電話も普通にOK。

3.SIMカード
実際に届いてからSIMカードを差し替えようと思ったら、SIMカードのサイズが違っていることに気づいた。Acroのカードのほうがひと回り大きい。Xperia Z UltraはMicro SIMというらしい。
これは素直にドコモショップに換えに行った。そういうサービスはあるみたいで、手数料2100円だけ取られたけど電話番号そのままで移行できた。

4.SIMカードのカバー部分
SIMカード・SDカードを差し込むところがゆるくて、簡単にポロリと外れる。不良なのか仕様なのかはわからない。中はゴムなので、閉じてさえいれば大丈夫そうだけど、水に使ったときに外れることは十分にありえそう・・・とりあえずちゃんとケースをつけよう。

5.ケース
すでに手帳のような前面カバーつきの大きなケースを買っている。選んだ理由はSuicaホルダー付随が明記されていたから。でもこれをつけると一気にサイズが大きくなってしまい、片手操作がより困難になる。今後背面カバーだけのものを改めて購入するつもり。ちなみに買ってしまったからにはとSuicaを背面カバーと端末の間に差し込んでみたけど、どうやら問題ないみたいだった。

今のところのレポートはそんな感じ。

10/22追記
充電中に画面スリープしないようにする方法調べて吹いた。自力でたどり着いた人いたらすげえ。
1. 設定→端末情報→ビルド情報を7回タップする
2. 設定→開発者向けオプション→スリープモードにしない
なんだよ7回タップするって…ポケモンの裏技かよ…
スポンサーサイト

かばん

古くなったジーパンをリサイクルしてカバンを作ってみた。
かばん

ミシンも技術もないので、小学校の頃習った本返し抜い、線がガタガタになりながらえっちらおっちら作った。

作った理由はカバンが重すぎたことにある。そもそもカバンを持ち歩く場合、物を持っていく/持ってくるのが目的なわけだけど、近所に出る場合はせいぜいが買い物か食事。持って行くものは財布とiPadくらいに限られる。持って帰るものは買った物にもよるけど、だいたいの場合はカバンに入らないので素手で持って帰る。

以上を総合的に考えて、iPadケースに似た、財布を兼ねるカバンを持てば近所の外出には十分と判断して、そういうカバンを作ったわけ。
自分専用なので紐の長さ調節もないし、ペンや小型のスケッチブックも入れられる。見てくれは悪いけど軽いのが売り。しばらくは使えそう。

どのくらい長持ちするかな。

さよならiP4500

ちょっと前の話ですが、プリンタが死にました。享年4才でした。

ip4500


Canon PIXUSのiP4500。本当にいい仕事をしてもらった。

思えば僕が10000円を超えるものを思い切って買ったのはこの子が初めてだったかもしれない。あっちに行ってこっちに行って、すごく悩んだ挙句、京都駅前のビックカメラで買って自転車の前カゴに積んで危険運転しながら帰ったのをまだ覚えている。
最期こそ非純正インクの使いすぎや何やらで発色が微妙だったが、それでもこの子は本当にいい仕事をしてくれた。
用紙補給を内部でやってくれた君のおかげで、たくさんの裏紙を処理できた。独立インクだった君のおかげで、余ったインクの量は少なくてすんだ。カードサイズの印刷に対応してくれた君のおかげで、自作トランプを作成することができた。

年賀状に漫画原稿にと本当にありがとう。
後の事はBrother MFC-J6710さんがうまくやってくれると信じているよ。
……ちょっと大味で頼りないけどな!

ワイヤレス




かがくの ちからって すげー!
いまじゃ こんな ちいさな きかいで むせんランが できるんだと!

ってなことを言おうと思ったんですが、一日中悪戦苦闘してもうまくつなげられなかったこのアンテナ。
家庭でのiPad環境向上を目指したのに…まぁまだちょっと挑戦してみますわ

ミスノン


ミスノンとは、修正液の一種。刷毛タイプで、ペンタイプに比べ修正範囲の応用がききやすく、また伸びがよかったりして非常に重宝する。大地堂に売っていないのが欠点。

そんなうちのミスノン、最近では水分がすっかり飛んで随分使いにくくなってしまった。たまに水を少し差すんだけど改善が見られていなかった。
今日は意を決し、薄くなるのを覚悟して大量に水を加えてみた。そしたら随分使いやすくなった。
やってみて分かったのだが、口の部分が凝固したミスノンで半分くらいの口径に絞られてしまい、水が浸透しづらくなっていたみたい。綺麗になった口部分見てびっくりした。
道具の手入れって大事だね。
プロフィール

霞田亜斗

Author:霞田亜斗
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。